光脱毛の歴史

未分類 0 Comments

脱毛処理と呼ばれる歴史上に登場した方法とは違い、確実な脱毛処理といえる電気分解法が誕生したのは脱毛先進国と呼ばれるアメリカです。この方法は、もともと逆さまつげを治療するために、発毛組織に直接電流を流し電気分解するという方法で作られたものでした。

その後、X線を利用した脱毛は身体への副作用が大きいという事で利用されなくなり、1924年になって、高周波電流を利用した脱毛法が開発されます。この高周波電流を利用した脱毛方法の開発の後に、1928年、ニードル脱毛が登場したのです。この方法は電気分解と高周波をミックスさせたもので、非常に効果が高い方法として広まりました。しかしかなり痛みがあるというデメリットも有名になりました。

そのニードル脱毛から40年ほどたって、クリニックや皮膚科で医師が行うレーザー脱毛が登場します。メラニン色素に反応する高出力のレーザーを利用し、発毛組織を破壊するという非常に画期的な方法です。しかし医師しか取扱いの出来ない方法で、その後、1988年、レーザー脱毛と同じようにメラニン色素に反応する光の出力強度を弱める形で、サロンでも脱毛処理が出来る光脱毛が誕生したのです。光脱毛はフラッシュ、プラズマ、コスモライト等の種類があり、多くの方が気軽にお求めやすい値段で脱毛処理をするきっかけとなった脱毛方法です。