未分類 0 Comments

実は日本でも平安時代、貴族たちが額の形を整えるために脱毛を行っていたという記述がありますし、絵にも残されています。余分な毛を抜いて、そこに黒墨など利用して眉を描くという事を行っていたのです。

平安中期になると毛抜きという表記が出てきて、ありがたいとされているので、肌を美しく見せるために脱毛処理を毛抜きで行っていたことがわかります。江戸時代になると遊女が脱毛処理を行うようになります。脱毛というよりも除毛ですが、軽石を2つ利用し、VIOライン、つまり現代のデリケートラインと呼ばれる部分の毛をこすり切っていたといいます。またお線香で焼き切るという方法も行われていたようです。

手足の脱毛に関しては脱毛剤も利用されています。木の実からとった油、それに軽石を砕いて粉にして混ぜる、というものを作りこれを手足に塗り付けていたのです。この場合、軽石で毛を摩耗して除去するという方法になりますが、擦り付けて除去するという方法で肌が傷んでしまうので、鶯の糞を塗ってへちま水を付けるというケアもしっかり行っていたようです。

こうして日本でも脱毛処理が古くから行われていたのです。平安や江戸時代に生きていた方々も、美しくあるためにムダ毛は必要ない!と考えていたのです。