未分類 0 Comments

脱毛の歴史というのは非常に古く、実は古くから人類はムダ毛について何とか処理したいと願っていたことがわかります。紀元前3000年ほどの時代、地中海地方古代オリエントでは、脱毛剤を利用した脱毛がすでに行われていました。宗教的意味合いもあり、体毛の除去は法律が関わっていた地域もあります。古代オリエントで利用されていた脱毛剤は、硫黄と石灰、でんぷんなどを含み、水でペースト状にして塗り込み、使っていました

脱毛という事になりませんが、糸を利用して除毛をするという事も行われていたのです。糸をムダ毛のある肌に擦り付けるようにして切る、という除毛方法です。この方法は現在も自己処理やサロンなどで行われる方法として知られています。

紀元前15000年位になると、エジプトでも脱毛剤による脱毛が行われるようになりました。この脱毛剤は焼いたハスの葉と脂を亀の甲羅に入れて、カバの脂肪を加えて作っていたといいます。ずいぶんと珍しいものを利用して作っていたものですが、抗して古くから人々はムダ毛を処理するという事を行ってきたのです。ムダ毛は、この古い時代でも無駄な物だったといい事でしょう。宗教的な意味合いがあり、体毛はすべて処理する事とされる国は今でもあります。